読書室トップへ

2016.12.21森山直太朗の話と、続・子育て記録

naha-002_1.jpg

あっという間に、今週はクリスマス。
数年前から、12月はなかなか忙しい月になりました。
アトリエナルセでは月のブローチや、ハンカチや、今年は出せませんでしたが陶器があったり、クリスマスらしいものをなにかつくりたいな。と思って「アトリエナルセノクリスマス」シリーズの商品を出すようになりました。


写真は、「どこか遠い国の冬の朝」という名前のハンカチ。スケートをしている子供達の刺繍です。楽しいだけじゃなくて寒い国独特のしずかで冷たい冬の空気感を感じるようなハンカチになればいいなと思いました。
長野県に小学校4年の冬から高校卒業までを過ごしましたが、さむい地域特有の冬の風景っていうのがあるのですね。しんとしていて、なにか淋しいんです。学校からの帰り道など、雪の積もった畦道を歩いていると雪を踏みしめる自分の足音と、息の音だけが聴こえて、なんとも切ないような孤独な気分になるのですよね。
そのとき、なにを考えていたのだったか。好きな男の子のことや、友達とのこと、将来のこと、なんだかどれも不確定で自分の存在感があやふやで、なんだかなあ。という気分になったものだなあ。と思い出します。
こういう空気感って、今思うととても大切な時間で、愛おしいものだなあ。と思いますね。
これからは、この気分を子供が味わっていくのかもしれないなあ。と思うと、なんだかいいものです。

1237.jpg

我が家は、なんだかいつもごちゃごちゃしています。ツリーの横に賞状があるでしょう。あれはなにかというと、

1244.jpg

じゃじゃーん
11月に、西宮ガーデンズに森山直太朗がやってきたのでした。わたしはベストアルバムを買い、握手&写真撮影権を獲得。
正直いうと、森山直太朗さん(よびすてにできない)のことは、テレビに出ているとなんか見てまう。くらいでしたが、ある日新聞と一緒にはいっていた西宮ガーデンズの広告で小さめに載っていた「森山直太朗無料ミニライブ」の告知をみつけ、やや興奮し、絶対にいきたい。と思ったのでした。小さめに載っているあたり、ガーデンズも混乱をできるだけ避けたいのだな。という意図を感じ、よっぽどのファンじゃなければ多分このことは皆あまり知らないことなんじゃないか・・・と、混雑になるのを少しでも回避しようと友人などには内緒にしていたくらいです。
そしてこの日、夙川で毎年お世話になっているギャラリー6cで開催の伊東写真館がありました。その撮影を終えるのが12時頃。ライブは13時半頃。直太朗混雑がやや心配ではありましたが、まあもし見れなかったらしかたないか。と思ってはおったんです。ただ、みたいな。みれたらいいな・・。いや、ほんまは絶対みたいな。と思っていました。
6cからガーデンズまでの道のり、(だんなはんが運転する車です)だんなはんは何度も道を間違えました。ふつうだったらまちがえへんやん。というところを間違え、遠回りになりました。その度、わたしはちょっとイライラしてしまいました。でも、なんとか30分前にガーデンズに到着。そして道はさほど混んでおらず、ガーデンズの広告の小ささに感謝いたしました。
そしてライブでは、最後あたりに会場に入ったにも関わらず1列目の隙間に座れかなり近くで直太朗さんの歌を聴くことができましたよ。そして、しっかりと握手会と撮影会にも参加してきました。
握手会の列に並ぶ間、息子がわたしの携帯をいじっていて(ぼーとしていて気付かず)一時、携帯にアクセスできないというアクシデントが。(子供が何回もパスワードを多分間違えていたんでしょうね)今回の撮影会は、お客さんの携帯で写真を撮ってもいいですよ。という撮影会だったのです。
お恥ずかしながら、結構本気で息子を怒ってしまいました。「写真、撮られへんやろが〜〜!」と、必死の形相の母。息子のやや動揺した顔がわすれられません。
でもなんとかそれも解消され、どんどこ握手&撮影会の順番が近づいてきます。おかしなもんで、順番が近づいてくると周りから私語が消え、結構しずかです。(笑)みなさん、緊張しています。わたしも例外ではありません。そしてわたしの頭の中では、「一言、なにか一言しゃべりたい」という欲求がやってきます。でも、あまり直太朗さんのことはよく知りません。なのでなにか良いことを言いたいという欲求が厚かましい。と自分の中でひとり葛藤が続きました。そして子供はそんなやや異常事態の無言の母に「ねえ、はやく帰ろうよ〜」と。なんか怖かったんでしょうねえ。。でもそんな息子の気持ちを考える余裕などなく、直太朗さんに聞こえてしまうやないか!とのこわい形相で、「しっ!すごいひとなんやで!すごいひとと握手できるんやで!」という必死な母に、子供はやや困惑しておりました。

・・・・長いですね。思った以上に長く書いていますね。
こんなに長く書くことではないですよね。
いや、でももうここまで書いたのですし、最後まで書かせてもらってもいいでしょうか。

・・そして、ついに順番がやってきました。
直太朗さんはまず、息子を見て「わ〜ありがとうねえ〜」みたいなことを言って、(よく覚えていません)息子と握手し、わたしの右手を直太朗さんの両方の手で包み込むように握手をしてくださり、そして写真撮影ではわたしの背中にそっと手をあててわたしと息子をつつみこむように写真を撮ってくださいました。
たぶん、息子もわたしもその瞬間、「あ、好き・・・」となったのだと思われます。さっきまで機嫌が悪かった息子がニヤニヤしだし、わたしもニヤニヤしだし、あっという間に次のひとの番になりました。
のぼせたようにボ〜ッとしながら、会場をあとにし、外で待っていただんなはんにちょっと申し訳ないような気分にさえなりました。だんなはんに言わせると、会場からでてくる女性、みんな魂抜かれたような顔してたらしいです。

それからです。
結構ずっと森山直太朗を聴いています。追加でCDも購入しました。森山直太朗のラジオも聴いています。有料で聴くラジオとかも聴いています。車を運転中「生きてることが辛いなら」を聴くと涙で運転不可になります。
大ファンになりました。たぶん、日本全国でおなじような現象が起こっているのではなかろうかと思われます。

読んでくださった方、どうもありがとうございます。どうもすみません。


1239.jpg

ちょうどそれは、2017_18秋冬デザインの期間中でございました。
先週、パタンナーさんに企画書を託し、わたしは靴下や刺繍の柄のデザインを続行中。

1243.jpg

週末は、子供がいるので仕事はほぼしません。しないようにしています。
来年、小学生になる息子と一緒に小学校までの道を歩いたり、友達家族とあそびにいったり、展示会準備で忙しかったときはだんなはんに仕事をまかせて、わたしと息子とふたりで動物園へ行ったりもしました。
いま、5歳の息子。
最近は、2人で出かけるのがなかなか楽しいのですね。小さな恋人とデートしているみたいな感じです。

1240.jpg

これは友達のライターさんとカメラマンさんと子連れで神戸どうぶつ王国へいったとき。リンネルやtocotocoという雑誌でお世話になってからのお付き合いです。子供にふりまわされてあんまりゆっくり大人同士の会話はできなかったけど、いつも仕事で会うことが多いのでお母さんの顔をしているのをみるのは新鮮でした。母になっての悩みはみんなおんなじ。

1242.jpg

毎日、いろんなものを作る息子。

1241.jpg

わたしが風邪をひいたとき、こんなものも作ってくれました。パフェ。枕元に置きにきてくれました。

1209.jpg

水族館滑り台。
さかなくんの影響か、タコが大好きです。食べるのも描くのも。

1246.jpg

無印良品の陶器にかけるマジックというのはご存知でしょうか。マジックで描いたあと、オーブントースターで焼くと定着するのですね。今はまっているのは、「ヘボット」と「ゴマちゃん」サンタさんにはヘボットのおもちゃをください。と絵本になった手紙を書いていました。なになに?と読んでみると、
「サンタさんへ デラックスヘボット!と、サルッキー(別のキャラクターのおもちゃ)、スカイラビット(これまた別のキャラクターのおもちゃ)よろしく はやおより」
計3体のおもちゃがリクエストされているという、あつかましさ。

1247.jpg

いやあ、5歳児かわいいです。もちろん赤ちゃんのときも可愛いのですが、最近別の可愛さがありますね。母はたまりません。

と、今回はとりとめもないことを書いてしまいまいたね。
少しだけ仕事が一段落。いや、デザインは終わっていないのだけどそれでもちょっと一段落。こういう普通の日々のことをかきとめておきたくなりました。


2016.11.11リネンシャツのはなし

今朝の福島県沖の地震、びっくりしましたね。みなさんの住む場所は大丈夫だったでしょうか。
5年前の震災のときのような大惨事にならなくてほんとうによかったですが、まだまだ日本列島揺れているのだな。と、やっぱりこわいですね。
先日は、だんなはんの実家の伊勢でも地震があり、南海トラフもどうか揺れませんように。と、なにもできず祈るばかりです。
我が家も、最近防災グッズをいくつか買いました。簡易トイレ、水を入れるだけで食べれる保存食、充電もできる懐中電灯。水。なんとなく、なにが起こるかわからないもんな。という気持ちになりますね。


1229.jpg

そんな中でも、ふつうの日常が繰り返されるわけです。
前回のフォーマルのはなし、オーダーをいただく際にたくさんの感想をいただきました。こんなに感想メールをいただいたのは初めて!というくらい、みなさん同じような思いを持ってご注文くださる方が多かったです。びっくりしました。
長文で感想を送ってくださる方が多かったんですね。どのメッセージも、とても興味深く、そしてありがたく読ませていただきました。どうもありがとうございます。
今回、初めて「フォーマル」という服をつくってみて、ふつふつともっとこんなのもあるといいな。とデザインを継続して考えてしまったりなんかして、まだわからないですが今後もフォーマル服作っていけたらいいな。と思いました。
そしてただいま、工場さんで縫製のほうにはいっています。店頭での販売は1月末頃。オンラインショップでは2月初旬頃を予定しています。受注分と少しだけ余分に作っていますので数はまだ未定ですが、やっぱり欲しいな。と思ってくださっている方は取り扱い店さんか、オンラインショップでもまたみていただけたらと思います。

1230_36.jpg

そして現在、取り扱い店さんより販売中の定番のリネンシャツ。今季より、サイズ展開をしています。
今まで作っていたサイズを「36」サイズとして、少しだけ大きくした「38」サイズをつくりました。写真で、違いがわかるといいのですが〜。メガネをかけているのが「36」サイズ。

1231_38.jpg

メガネがないのが、「38」サイズ。わかりますかね。着用感はけっこう変わります。36サイズよりもひと回り大きくなって、少し大人ぽい感じがでました。

1233_36.jpg

横からみたら、こんな感じです。メガネは、36サイズ。

1232_38.jpg

メガネなしは、38サイズ。
なかなか写真では、微妙にわかりにくいですが。
素材はかわらず、帝国繊維の高密度の薄手リネンでつくっています。

1228.jpg

そして同じ型紙でつくっている、インディゴ染めのリネンのシャツも同じく2サイズ展開です。平織りリネンで、洗うごとに色落ちしてかっこいい風合いになっていくシャツです。

現在取り扱い店さんで販売中の2種類のリネンシャツ、コットンデニムのペックトップパンツのオンラインショップは、12月の新アイテムと一緒に販売予定です。12月の新アイテムも、ふふふっという感のいいものできています。どうぞおたのしみに。


2016.11.05フォーマルへの思い、つらつらと。

1219.jpg

みなさん、フォーマルは得意ですか?わたしは苦手なんです。
なにを着ていけばいいか、ほんとうにわからない。いや、わかっているんですけども、欲しくない。という気持ちと、必要である。という気持ちのせめぎ合い。とでもいいましょうか。
思えば、20代中盤から30代前半までに友人の結婚式に何度か参加したことがありますが、知らせをもらってからずっとなにを着ていこうか迷っています。いろんな洋服屋さんをはしごしますが、どれも欲しいと思えず、フォーマルではないけれどフォーマルでも着ていけそうか?という洋服を買うことになります。でも、会場へいくと、地味すぎて目立つんですね。あ、なんかふつうの服できちゃった人いるねえ。という感じです。
メイクもナチュラル(ふつうよりは濃くぬったつもり)髪型もふつう(ふつうよりは、時間をかけているんですけど)洋服を買ったら、バッグや靴まで追いつかず、靴はフォーマルの時しか履かないやや高いヒールと、バッグは母からもらったビーズがいっぱいついたような小さくてなにも入らないようなカバンを手に、ドキドキしながら所在なく花嫁になったきれいな友人と一緒に写真にうつります。
そして次回こそは。次回こそは素敵なフォーマルスタイルを!と、心に誓いながらヒールの靴で足が痛くてふらふらしながら帰るのです。そんな若かりし頃。
30代も中盤を過ぎると、結婚式の招待もぱったりと止まり、フォーマル服を着る機会がとんとなくなり、なにを着ていけばいいかと悩むことが少なくなりました。


1220.jpg

ところが、ついにまたフォーマル服が必要な時期がきました。
子供の卒園&入学式です。我が子は来年、保育園の卒園式と小学校の入学式です。実は2年前くらいから、意識していました。(笑)
今年は息子のひとつ年上の姪っ子が、幼稚園の卒園&小学校入学式でした。アシスタントにもきてくれている義妹のまゆちゃんの娘さんです。すかさず、どんな服でいくの??と聞きました。
また、お仕事でお世話になっている生地屋さんにも同じくらいのお子さんがいらっしゃるので、最近のお母さん方の着こなしの様子を伺いました。ほかにも小学校にはいったばかりのお子さんを持つ趣味やセンスが似た友人や知人に話しを聞いてまわりました。
とてもとても参考になりました。そして、ついにアトリエナルセのフォーマル服をつくろう。と思い立ちました。
わる目立ちせず、場にちゃんと馴染み、それなりにフォーマル感があり、ただ買うときにはドキドキしながらちゃんと欲しい!と思えるような服。
そして欲をいえば、フォーマルの日だけではなく、ふつうの日でもアレンジしたら着れるような服がいい。


04024_main.jpg


早速いろいろと情報がそろったのだから。と、デザインを考え出します。まずは生地をさがしにいきまして、いろんなフォーマル向けの生地スワッチを揃えました。ファンシーツィードやシャネルスーツのような生地、上質なウールジョーゼッドなどなど・・。テーラードスーツや、丸首のノーカラージャケット、ワンピースとジャケット、パンツスーツ。
なんだかいろいろと考えました。
が、ここでぶちあたるのが、あれなんかこれ見たことある・・・というデザインばかりです。
VERYという雑誌を初めて買ったのがこのとき。このときの特集が子供の卒園&入学式ルックだったんですね。LEEもフォーマル特集のときに買いました。なるほどなるほど、ととても参考になりましたが、いざデザインするとなると、アトリエナルセらしさがまったくないものになってしまうのです。
それならば、別のブランドで買ったほうがいいのでは・・・と言いたくなるような感じです。

デザイン企画が始まるのは、実販売からちょうど1年前。去年の12月頃に考えていたのですが、毎年12〜2月頃になるとお客さまから、「これはフォーマルでも着れそうでしょうか?」とお問い合わせをいただくことがちらほらと出てくるのです。

0_main_l.jpg

たとえば、このnoharaのワンピースや、

04019_2.jpg

このnoharaのジャケット。こちら、フォーマル向けにもよくお問い合わせをいただきました。
ほかにも、ずいぶん前のアーカイブの洋服(もう完売しているもの)をもう一回つくってほしい。などなど。

na-03008-1-l.jpg

また、お客様からお子さんの卒業式などでこのワンピースを着ましたよ。と、写真を送ってもらったこともありました。このワンピースは、わたし自身も友人や家族の結婚式でもよく着ました。弟のお嫁さんのまきちゃんは、このワンピースで卒園式もでたよ。と言ってくれました。

そんな話を聞くうちに、あることに気づきました。
みんなふつうのフォーマル服を買いたくないから、ふつうの服の中からフォーマルでも着れそうな、自分の好きな服。というのを探しているのだなと。それは、わたし自身も同じで、アトリエナルセの服はフォーマルでも着れそうな服というのがいままでもよく登場していました。
フォーマルだからと構えすぎず、おなじように、考えてみよう。と、思い直し、いままでつくったデザインの中から、リデザインしよう。と思ったんですね。
リデザインの良さは、一度つくってもちろん着たことがあるので、そのデザインの良いところ、悪いところがよくわかっています。フォーマルだからこそ、よく知っている服をリデザインするほうがよい服になる。と考えました。

そして、えらんだのが、この服です。

03036_4.jpg

2013ssに出したこのワンピースは、コットンリネン素材。とても可愛くて気に入っていますが、子育て&仕事で追われていると、なかなかふだんの生活で着る機会があまりなく、(ややおしゃれ着感がつよい)ただ、フォーマルとなると素材的にややカジュアル、ポケットも日常着感がつよい。という、逆に着る機会が少ないアイテムとなってクローゼットに鎮座していました。でも、デザインはとても好き。
冬にロングカーディガンやタイツなどをあわせて重ね着などには向いていましたが、一枚で着るときは外で打ち合わせがあるときや、友人とごはんを食べに行くときなど。保育園の送迎などがある日常ではちょっと着にくい感じがありました。

5_l.jpg

そして、こちらはリネンのテーラードジャケット。衿を大きめにして個性をつよくしました。カジュアルにもフォーマルにも。ということで販売したものですが、衿はフォーマル感がつよく、素材はリネンですが上質で光沢感があったので、フォーマルには向いていましたが、衿に個性がつよかったのでカジュアルに着るのがちょっと難しかったジャケットでした。

このふたつのアイテムを、リデザインしたのが今回のフォーマル服でした。

03062_main.jpg

ワンピースは、素材感をトロピカルウール地という細番手のウール糸で編まれた上質な生地。主にスーツやフォーマル服で1年中着ることができる素材です。ウールですが、さらりとした素材でドライです。
ポケットもとり、シームポケットにしました。

02072_4.jpg

去年つくった、このブラウスも同じトロピカルウール地。こちらも、フォーマル向けにも。と思ってつくった服です。このブラウスにタックパンツなんかをあわせるのもいいです。パールをつけてパンプスを履くと、とてもかっこいいフォーマルになりました。タックブラウス

moreph_9.jpg

ほんとならば、フラワータイツに紐の革靴なんかで行きたいところですが、もっとふつうに馴染む感じに。となると、肌色のストッキングにこんなパンプス、パールの2連ネックレス、カバンもこんな感じだと浮かないかな?と思います。

moreph_11.jpg

ネイビー色にはブラックのジャケットもあわせてみました。こちらは大きめのコットンパールを一連。

04024_main2.jpg

リネンジャケットは個性的な衿をとり、V明きのノーカラーにしました。素材は上質な光沢感があったので同じ素材をつかいました。ノーカラーにすると参観日やPTAなどの時にも着れるようなラフさがでました。サイズはややタイトなシルエットですが、それがフォーマルに向いているデザインでもあったので、サイズ感はそのままにしました。

1221.jpg

ナチュラルフラックスカラーは、なかなかフォーマルにはむずかしいだろうなあ〜と思っていましたが、同じナチュラルフラックスカラーのタックパンツ(別生地、3月販売)と合わせると、入学式にも着ていけるな。という仕上がりになりました。
普段着では、カットソーとジーンズにスニーカー。なんていうのも、かっこよさそうです。
ノーカラーにしたので、インナーに個性があってもバランスがよく着ることができます。

04024_3.jpg

1222.jpg

なんというか、買ってくださった方が自分なりの味付けができるフォーマル服になるといいな。と思います。
わたしも実際着るときは、あの作家さんのブローチをつけようかな。と今から楽しみなんですね。


・・・・と、なんとも長くなりました。
おそるべしフォーマル。なかなか、ここに辿りつくまでに何度も諦めかけ、もう他ブランドのスーツを買ってしまおうか。と思ったりもしました。
でも、お問い合わせいただいたお客さんからのメールから、糸がするするほどけていくように、今回のデザインが出てきたように思います。どうもありがとうございます。

公私混同のデザイナーでお恥ずかしいですが、自分が子供の卒園式や入学式に着ていくならどんな感じがよいか。と考えるというのがリアリティーがあってよかったのではないかな。と思っています。
たった1日のことなのに、なんだか一生懸命に考えてしまうものです。

サイズは、1サイズのFのみです。
オンラインショップでは11/10(木)までの期間限定受注となります。基本的には受注生産となるので、受注後のキャンセルや返品はお受けできませんが、2月上旬頃にも数着オンラインショップ用にご用意しています。(その時は、モデルの高井さんが素敵に着こなしてくれるはず)
取り扱い店舗さんでも、全店ではないかと思いますが店頭販売もあります。ご試着してから、という方はそちらで見てもらえたらと思います。

オンラインショップでの受注申し込みはこちらから。ateliernaruse ONLINESHOP

つい、フォーマルへの思いをつらつらと書いてしまいました。てへ















2016.10.12日々の雑記

1213.jpg

秋の夕焼け空。きれいなうろこ雲です。
独身の頃、大阪市内のマンションに住んでいてそこは西向きの4階で夕暮れ時になるととてもきれいな夕焼けが見れました。特に秋の空は格別でなんだか切ないような気持ちと、ああ私って一人だなあ〜と寂しさと自由さとないまぜになった気持ちでよく眺めていたのを思い出します。

1214.jpg

これは今朝の朝焼け。月に一回ある保育園のお弁当日はいつもよりも早起きしてお弁当を作ります。
夏の間はこの時間にはまだこんなきれいな朝焼けが見れなかったなあ。季節は動いていますな。

1218.jpg

昨日の朝、スーパーに行く前に「明日のお弁当はなにがいい?」と聞くと、なにやらメモを書き出した息子。
お弁当のおかずのリクエストです。
おこのみやき
ピーマン
きんぴらごぼう
おにぎり
にんじん イワシっこ
みかん

だそう。
前のお弁当日に友達のお弁当をのぞいたら、お好み焼きが入っていたらしく、かっこいい〜と思ったんでしょうね。特にお好み焼きが好きというわけではないのですが。


1217.jpg

できたお弁当がこれ。
肝心のお好み焼き、ちゃんと入っています。トマトの下あたり。
早起きして作ったのはお好み焼きとチキンナゲットを揚げたくらい。あとは昨日の晩ごはんの残りです。それなのにいつもお弁当の日は前の晩からドキドキしてちゃんと起きて作れるのか。と心配でいつもよりも早く寝るんです。
まいにちお弁当を作るようになったらもっと日常になってくるのかね。あ、ピーマンとイワシっこは入っていません。

子供の頃、お弁当のおかずをお弁当箱に詰める役をやっていました。というのも、母は子供に対するサービス精神がなく(いや、違うところであるんだけどちょっとツボが違う)わたしもクラスメイトのお弁当が可愛くて上手でなんとも憧れたものです。子どものお弁当らしいデコレーションやなんだかこなれた感じがあって、観察しては次回のお弁当にあの感じを取り入れてほしい。と思い、おかずをリクエストし、見よう見まねで自分で詰めるのですが、子供なのでへたくそなんですね。お弁当箱をあける頃には寄っていたりなんかして、理想のお弁当にはなかなかなれないのです。
しかも自分で詰めているからあけたときの驚きがない。どっちも満たされているクラスメイトたちのお弁当が羨ましかったのですね〜
自分が親になったら絶対に子供が喜ぶお弁当を作ってやるのだ。と子供の頃から思っていたのですが(笑)いざ親になってみると、やっぱり母が作っていたようなお弁当になってしまうんですね。
お弁当の本とかも買って研究するのですが、なんというかお弁当の才能があまりないんですね。結局こんなお弁当になります。
とはいえ、キャラ弁も何回か作りました。でも、なんかこなれていないんですよね〜(ある日のハナシのシでも載せたことがありますが)上手な人は本当に上手ですよね。
お弁当がうまい人は、なんだかずっと憧れです。


1216.jpg

最近読んだ本です。
インスタグラムでも、なに読んだかシリーズが好きです。とおっしゃってくださる方が何人かいて、へえ〜と驚いています。
夏前くらいからのもあるのですが、厳選して。他にもなんだかいろいろとちょこちょこ平行して気分で読みます。
右上下の稲垣えみ子さんの本は、よく売れているみたいですね〜。朝日新聞の元記者で、記者時代からコラムを楽しみにしていました。朝日新聞にこんな人がいるんだなあと思うだけで、なんだかホッとしたのですね。
辞められた後も、久米宏のラジオに出たり、情熱大陸に出たり話題の人です。読みながら、安心するのですね。物がなくなってもお金がなくなっても、もしかしたら一人きりになっても、自分次第でとても楽しい人生になるのじゃないか。と思えることが。そうやって気づいたのが、私って先のことをずいぶん心配していたんだなあ。ということです。
そして世の中的にも多分そうで、だから90歳や100歳の方が書いた本を読むとホッとするのですね。ご高齢で活躍されている方の本が、今とてもよく売れています。
そして結婚せず独身で子供がない女性という価値観が今変わってきていますね。
子育てで自分の時間がほぼない世代にとっては羨ましいくらい充実しているように見えます。大人になったら行ってみたかったバーや、(笑)夜のコンサート、ライブ、レイトショーの映画、夜中のカフェや、ヨーロッパ旅行、友人たちと夜ごはんにお酒を飲んだり。
独身の頃は、簡単に行けたところが(バーとかは数えるくらいしか行く機会がなかったけど)今はちょっと夢になっていますね。
キョンキョンのエッセイでも、それがなんだか詰まっていて、でも自分の生き方が一番いい。という押し付けがなく、人それぞれで、いいことも悪いこともひっくるめて自分の人生で起こったことを淡々と書いているところがとてもよくて、固執せず他人を特に羨ましがらない強さがとてもかっこいいんですね。
女性は特に、他人を羨ましがる生き物だなと思うのですが、(自分も含めて)羨ましがらず、自分にやってきた幸せをちゃんと見つけられてそれで満足する、ということってなぜかとてもむずかしい。むずかしい人にはとてもむずかしい。(自分も含めて)
結婚して子供ができても、2人目ができていないことで少し引け目を感じることがあったり、仕事ではもっともっと頑張らないと置いていかれる(だれに・・)と焦ったり、なんだかいつまでたっても今の自分でいいのだ。と満足ができず、不安になったりする自分が時々ひょっこり現れて、そんな自分がいやだなあ。と思うことがあります。
自分の人生は、なんとなくこうなっている。というのが、半分は自分の選択してきたもの、半分は自分ではどうにもならないところでまるっと決まっているようなところがあるなあ。と受け入れるということか。
ないものに目を向けず、あるものに感謝するという気持ちを、当たり前のことですが忘れないように。と、書きながら思います。
そんなちっぽけな自分が読むと、こころが平穏になった「老人の壁」。
先月行った東京に行く新幹線の中で行きと帰り、ぼんやり読み進めていました。確かこれはだんなはんの本棚から借りてきたものです。養老孟司と南伸坊が、たわいないおしゃべりをするような対談集なのですが、今や若者よりも老人の方が楽しそうに見えます。(この素敵すぎる老人の2人だからか)多分、自分なんてどうでもいい。という境地が楽しくなってくるところでしょうか。
そんな老人になれるように、どんどん自分を無くしていこう。というのが、だんなはんと私の最近の生きる指針であります。なかなかこれがむずかしいのですけども。

末盛千枝子さんの本も、人生というのがなんだか自分の力だけではなんともしようがない部分がある。というのを思う本です。でも、だからこそわかるものがあり、人に優しくなることができて、人の気持ちを思うことができる。そしていろんなことがあっても、人生は続くのである。という、辛くもあり、希望でもあり。神様っておらんのやろうか。いや、おる時もあるなあ。と、なんだかぼんやり思ってしまいます。そして不思議なことって人生には時々あるのやろうなあ。と。

と、こんな長文誰が読んでくださっているのかと思いますが。
最後の大橋鎮子さんへのオマージュ的な本。冒頭の田村セツコさんの章が一番好きです。なんて優しいのだろう。と思います。田村セツコさんの他のエッセイも大好きです。強くて優しい。こんな女性になれたらいいなあ。といつも思うのですね。そして若い頃のエピソードがとてもワクワクします。
朝ドラの「とと姉ちゃん」、その頃の暮しの手帖をリアルタイムで読んでいる世代はどんな気持ちだったのかなあ。と、羨ましく思いました。
そして花森安治の女装の意味なんかも、今回ドラマになって関連本がたくさん出て、今まで知らなかったことを知ることができてへえ〜と思うことが多かったです。NHKの特番も面白いのがいくつかありましたね。
オープニングの辻恵子さんのイラストも素敵でした。子供がオープニングをとても気に入っていました。


1211.jpg

はてさて、そうこうしているうちに今日からアトリエナルセ、10月の新作第一弾オンラインショップスタートです。
秋冬の定番の麻ウールのサロペットパンツや、秋らしい靴下、(タイツは第二弾で)ゴムのウールスカートなんかも素敵です。
ゆっくりのぞいてみてくださいませ。

あ、そしてモデルも務めてくれている、高井さんがインスタグラムを始めました。インスタグラムでも、「TOFU DIARY」を載せたり、高井さんの気になる日常なんかも垣間見れますよ。よかったらこちらも楽しみにしてくださいね。https://www.instagram.com/tofudiary/

2016.09.26アトリエナルセの秋冬の服、続

1201.jpg

前回からのつづきであります。
みなさん、こんにちは。
なんだかインスタグラムを始めちゃうと、ある日のハナシのシがおろそかになってしまうんじゃないかなあ〜と思っていましたが、どうでしょうね。

アトリエナルセの秋冬もの、ときどきやるのですがストックの商品を今年風に撮り直し。というのをやります。
アランセーターのネイビー色のみ、あと数着ストックがあるんですが去年なぜかホワイトのみよく売れてあれよあれよと旅立っていきました。このアランセーター、手編みです。国産ではなくニットは中国生産になるのですが、ニット製作を発注させてもらっている会社の方がとても優秀な方でとても感じのよい方です。(この方は日本の方)
そして上がりもとてもすばらしいのですね。糸はもちろんデザイナーのわたしが選んで良質なイタリア糸を使いました。編み模様もちょっと懐かしいようなお母さん、いやおばあちゃんが編んでくれたような柄にしたい。と思い選んだものになります。
ふんわりと出来上がったアランセーター、コンパクトなサイズ感が欲しい。と思い、何度か試作してもらい納得のいく出来になるまで粘って作らせてもらったセーターです。
今期つくった、グレンチェックのチノパンにあわせるとアイビールックのようで素敵です。足元は赤い靴下で。
少しつやのあるネイビーは高井さんの栗色の髪の色とよく似合います。アランセーター

1196.jpg

ほかにも、わっかになったドーナツ型のニットストール。横幅があるのでこんなふうに肩にかけて着るのもかわいいですね。コットンウールなので、ちょうど今くらいの時期からよさそうです。
高井さんならどう巻く?といったら、こんなふうにしてくれました。ニットストール

1202.jpg

それからそれから。
だんなはんから、アヤコちゃんこれはないわ〜と言われた、ペックトップパンツのコーデュロイのサックス36サイズのほうをはく、の巻。通常、わたしは38サイズ(今まではFサイズ表記)をはいていたのですが、背の高い高井さんが38サイズをはくならばわかりやすくわたしは36サイズをはくわ。といって、はいたのですがこれが悲しいかなパンパンなのですね・・ほほほ
というわけで、38サイズをはいたらこうよ。というのを載せたい。と思いまして、こちらで載せます。ペックトップパンツ

1203.jpg

1204.jpg

そうそう、これくらいゆとりがあってこその格好良さが伝わるペックトップパンツです。
近頃、ほんとうにやばいな・・これはほんとうにやばいな・・と思うようなおなかとおしりです。これはもうほんとうに運動しないと、いやそれよりも食べる量を考えないと・・・。
37歳ともなると、若い頃のようにはいかない代謝。みなさん、どうされていますか。
住んでいるのは山の上、移動手段はほぼ車。そして忙しいから散歩なんていく暇がない。無駄に階段を手足を高く挙げてのぼるくらい。こわいなこわいな。と思うだけで、なにもしないまま年を重ねています。
このままではアトリエナルセのモデルを強制引退することになります。

そして、ボトムスのパンツに関してはわたしが大きくなるにつれてサイズも大きくなるのはこれではスリムなお客さんが離れていってしまうということで、先シーズンから36サイズも作るようにしました。
ただ、38サイズだけでは足りず40サイズも今後つくっていきたい・・・という気持ちもありまして、今期は11月頃にデニムのペックトップパンツも出すのですが、こちらではアトリエナルセのオンラインショップ限定でためしに40サイズも作ってみました。少しゆったりとしてはきたい。という方、待ってました。という方、朗報になると嬉しいです。(笑)

いやはや、それにしてもサイズに関してはリアルなFサイズというのは、どんなもんじゃ。というのが、課題であります。
今日、パープルのリネンクルミボタンブラウスを着ています。大人になるとこんな少しくすんだようなパープル落ち着いていていいですね。

さて、今日はここまでです。
食欲の秋ですが、みなさんもどうぞお気をつけくださいませ。

2016.09.162016_17秋冬、スタートしました

1194.jpg

アトリエナルセの2016_17秋冬、いよいよスタートしました。
いつもスタート前は、検品やったりwebページつくったり、店舗さんからの追加オーダーの出荷があったりと、バタバタしているのですが、今季はアシスタントのまゆちゃんのおかげでなんともスムーズ。ゆったり。
わたしなんかは、午前中はアトリエ別室でミシンを踏んで作品つくったりなんかもできています。これぞ、デザイナー!というスタンスになってきてとてもありがたいのです。

1198.jpg

アトリエ別室、どんどん充実してきています。
あたらしいポストカードの絵も描きたいなあ。とか、作品展もしたいなあ。とか、夢はひろがります。

1195.jpg

と、今日はいろいろと商品のことを書くのだった。
まずは一番最初のストライプのスタンドオフカラーブラウス。アトリエナルセでは定番になったブラウスですが、やや袖巾がゆったりしました。(見え感は以前と変わらず)
そしてトーマスメイソンというイギリスの伝統ある生地メーカーの生地です。とてもしなやかで上質な質感なんですよ。メンズのシャツでもよく使われているのでご存知の方も多いかもしれませんね。
そして、お問い合わせもちょくちょくいただいているゴムのウール地のスカートは10月に入荷予定です。とても可愛いんです!わたしも早くはきたいのですな〜

そして、わたしが寝ぼけた顔でうつっている、ウールニットとリネンのドッキングワンピース。
実はアトリエナルセ初めてすぐの頃に似たようなトップスをつくっているんです。その頃から、これのワンピースがあったらいいなあとあたためてきたデザインです。
まだ20代で若かったので、このデザインはもう少し大人になってから・・というのも思っていました。
パタンナーさんと一緒に、トワール組みのときに裾がコクーン型になっているのが広がりすぎずかわいいのじゃない??となり、盛り上がりながらこんなデザインになりました。
リネンのピンタックの美しいこと。帝国繊維さんの高密度で薄手のリネンでとても品があります。
2色展開くらいしたかったのですが、グレイとホワイトの配色以外考えられなかったので思い切って1色展開となりました。

1200.jpg

リネンの透明感がすごくきれい。ニット地もしなやかで薄手なのでドレープがきれいにはいります。

また、順次新作のお話を載せていきますね。
息子が保育園から帰ってきました・・・。


2016.08.29夏の終わりに

1185.jpg

もうすぐ夏の終わりがみえてきましたね。
今年は、なんだかとても夏を満喫したような気がします。
子供の成長にあわせて、わたしたちも子供時代を追体験させてもらっています。
わたしが子供の頃は、ちょうど交野市に住んでいた時、源氏の滝でカニや小さい透明なエビを捕まえました。源氏の滝、その後河原はコンクリートで固められてしまいましたが、わたしが子供の頃はまだこんなふうに石がごつごつしていて石をめくるとサワガニがいたんですよね。

1186.jpg

宝塚の上流の川に今年は何度か行きました。とても暑い夏でしたが河原はとても涼しくて気持ちがいいんです。
カエルもいます。
でも、わたしは実はカエルが大の苦手。でも、ハヤオは好きみたいです。よかった。

1178.jpg

かわいい植物も。靴下のデザイン中に、山をうろうろしましたよ。

1182.jpg

義妹のまゆちゃん一家とも、いろいろとでかけました。海へ行ったり、神戸のアンパンマンミュージアム、市民プール。
兄弟のような3人をみて、わたしはとてもホッとします。

1183.jpg

ハヤオ、こんなのにもチャレンジ。(笑)
スタッフのお兄さんに、「こわいわ。お願いやから、やめて」と懇願している子供は、うちの子だけでした。
従姉妹のこはるちゃんにいいところを見せようと、「やる!」と言ったものの、あまりの高さにびっくりしたようで。
まあ、わたしでもこわいわ。と思うので、ようやった。と思う以外ありません。

1179.jpg

いつもは車移動が多かったのですが、今年はバスや電車に乗ってでかけることが多かったです。バス停まではこんな長い階段を下ります。もちろん帰りは、のぼるんです。なかなか疲れて帰るのにこのコースはハードでありました。

1192.jpg

そして、仕事場がふたつになりました。
前々から、自宅の1階部分のストックルームがシーズンになるとパンパン、ストックルームには収まりきらず、作業場のスペースの確保ができず困っていました。
なんか近所に場所を借りたほうがいいなあ。と思い、探していたんですね。
ご縁があり、車で5分くらいのところにあるアパートを借りてストックルーム兼ひとりで創作する場として少しずつものを運びいれていました。先日、ついにミシンを搬入。
久しぶりのひとりの時間です。デザインするとき、ものを作るとき、いそいそとでかける場所になりました。ひとり暮らしのときの気持ちを思い出し、なんだかワクワクしています。
手作りでなにかをまた作ってみたいな。絵ももっと描きたいな。気持ちだけはふくらみます。

1193.jpg

洋服であまった生地をつかって、いろいろとまた作ってみたいなあー。チクチクしている時間がこんなにもしあわせだったか。
と、こんなふうに自分の時間ができたのも、アシスタントの義妹、まゆちゃんが来てくれたから。本当にありがたいなあと思います。
好きにさせてくれるだんなはんにも感謝ですな。

1188.jpg

インスタグラムを始めてから、あきらかにiphoneを触る時間が増えました。
ただ、ちょっと慣れてきました。前ほど熱心にみることはなくなり、熱心に更新していませんが、なるほどこの空気感ね、というのはわかってきましたよ。最初はいいねの数にややドキドキし、どんな方がフォローしてくれているのか覗くのもドキドキしながら。のぞいているのがばれているのか?どうなのか?というのもわからなかったので。
そして、有名人のインスタグラムをわたし自身もフォローしてみたりして、でもなんだかいいねとするのはおこがましい気がして(笑)みてるだけ。なかなか面白いです。
そして学生時代の懐かしい友達の近況も何年かぶりに知ることができたり、楽しんでいます。
フォローしてくださった方、どうもありがとうございます。仕事の話題が少なく、なんだかいいのかしら。という感じですが、9月からの新作の写真はもう少ししたら載せていけたらいいなと思っています。ちょっともったいぶりながら、載せていきます。
なかなかいいもの、できています。
どうぞおたのしみに。

夏の終わりの台風、大きな被害がでませんように祈っています。

2016.08.03インスタグラムをはじめました

1177.jpg

数日前から、アトリエナルセのインスタグラムを始めています。(わたしが書いてます)
きのう、アトリエナルセのトップページにも「library」「f」のとなりにカメラマークが。
何名かの方がお気づきになってくださって、フォローしてくださっています。よく気付いてくださったな。と思いつつもまだ試験期間というのと、初めてのシステムになんだかワクワクしつつ結構まめに更新しているのがなんだか恥ずかしいっすね。

FACEBOOKやインスタグラム、なんだかめんどくさそう、流行りすぎてて乗りたくない、いいねとか気つかうわ〜などなど、ちょっと斜にみているところがありましたが、ほんとはちょっと気になっていました。
そんな中、だんなはんから聞いた話で、ほぼ日の糸井さんと俳優の中井貴一さんがある対談の中で、こんなくだりがあったというのですね。
中井貴一さんが「新しくできたもの、便利なものに対してどうも神経質になってしまうんやけど、糸井さんやったらどう思います?(だんなはんが喋ると中井貴一も関西弁になる)」というと、「おもしろがればいいんですよ」って言ってたで。とのこと。だんなはんの解釈によると、便利になりすぎると人間力が衰えていってしまうんじゃないか。ということに対して、糸井さんは本当に大事なものはなくならないんじゃないの。という考えなんじゃないか。という。
わたしはまさに貴一寄りの考え方でしたが、糸井さんのあっけらかんとした返答にもなにかハッとさせられるものも、ある。

ということが、ちょっと引っかかっていました。
新しくできたものが、なんとなく悪いもののように感じる。昭和的なもの、アナログのほうが安心する。という気持ちはだれしもあるかと思いますが、深刻に考えすぎずにやってみてもいいんじゃない。とも。合わなかったら、やめたらいいのだしねえ。
なんでも物事には、良い面悪い面とありますよね。使い方次第。ということもあります。どんな道具をつかっても、その人次第。

と、たかがFACEBOOK、インスタグラムでも、なんとなくスッと入れなくなっている自分がいるんですね。今でいうと、ポケモンでしょうか。

前置き長いな〜。と思いますが、そうなのだもの、仕方ないじゃない。(笑)
でも、やってみたらなかなか面白い。ついつい、あれも載せようこれも載せようかしら。と日々の生活の中でカメラ目線がでてくるってもんです。
ある日のハナシで書くにはなんだかちょっとそれほどでもないけれど。というような、日々からこぼれ落ちそうだけど、その時その時感動したものなんかを記録させておくのもいいですし、知り合いや友達の日々を垣間みられるのも面白いもんですね。

というわけで、よかったらのぞいてみてくださいませ。
アトリエナルセ(成瀬文子)インスタグラム

2016.08.02父の画集

1169.jpg

こちらは、父、成瀬政博の画集。
週刊新潮の表紙絵を20年近く担当しています。
20年分、ではないのですが父が気に入った表紙絵をまとめたものになります。週刊誌なので毎月4枚。1枚1枚キャンバスに描いた絵です。
絵を描いている方はわかるかと思いますが、キャンバスに絵を描くときは下に何層かに下地をつくります。何枚か過去の絵が隠れているということもあります。そうすることで、絵に深みがでるんですね。層があるかないかでは全然ちがいます。
わたしが高校生の頃に、父に週刊新潮の表紙絵の仕事がやってきました。
子供時代の父の記憶というと、最初は大阪の裁判所で働く公務員。その後、脱サラ(脱公務員?)して最初は小説家になろうとしていたんだか。どうだったんだか。

でも物心ついてからの父というと、絵を描く人で画家でした。
学校の体操着のゼッケンは、父に描いてもらうとなんだかちょっとセンスのいい字だったりしたので母ではなく、父に頼むことが多かったように思います。
お金はないけど、父は毎日家にいる。というような感じで子供の頃よく父は、私たち兄弟を連れて旅行につれていってくれたり、テニスをしたり、プールに行ったりしました。そしてときどきふらりとインドやらスペインやらイタリアやら貧乏旅行へ行ったりして海外の変わったお土産をたくさん持って帰ってきました。
父や母の個展にもよく一緒に行きました。子供にとっては静かにしていないといけないので個展へ行くのはいいけれどすぐに飽きて早く終わらないかなあ。と思うようなこともありました。

1173.jpg

これは父が描いた絵本。偕成社からでていますがすでに絶版になっています。
わたしは5人兄弟なのですが、兄、姉、わたしを主人公にして絵本を作っています。下2人の弟は父の絵本の時代とはちょっとずれちゃったんですね。わたしはギリギリセーフ。
「おさんぽおさんぽ」と「ねむいよねむいよ」がわたしが主人公。名前もそのまま、「あやちゃんねむいよねむいよ」などと使われています。「ねむいよねむいよ」はもう本自体は残っていなくてダミーとしてつくったものだけがあります。
今となれば宝物ですね〜。ハヤオにも、赤ちゃんの頃よく読みました。

記憶している限りでは、父はNHKの生活笑百科でタイトル文字をデザインしたり、(父が出た回もあったらしい)どこかの銀行のイラストを描いたり、産経新聞でイラストの連載をしたり、今でいうフリーのイラストレーターというような感じで仕事をしていました。
でも5人の子供がおり、母は専業主婦(兼あまり稼がないアーティスト)で、日々の暮らしはたいへんでした。
そんな中舞い降りてきた週刊新潮の表紙絵の仕事は、家族中でバンザーイ!とよろこんだ仕事だったんですね〜。

1170.jpg

でも、なかなか最初の数年は毎月4枚の絵のデザインを考えるのがとても苦労していたなあ。というのを記憶しています。鬱になっちゃうんじゃないか。と追い詰められていた時期もありました。
ぽんぽんイメージがでてこない、でてきても編集部にNGをつきつめられる、色あいを毎号明るく、変化をつけてほしい、季節のモチーフをいれてほしい、表紙タイトルが入る部分は1色もしくはグラデーションにしてほしい、など、様々な注文がありました。
当時実家に住んでいたわたしも、なんかいいイメージがないかなあ。と父と一緒にアイデア出しを考えたりすることもありました。
またわたしがひとり暮らし時代には、わたしも初めての週刊誌の表紙をデザインする仕事をいただいたことがあって、アイデアがでてこない苦悩を心からわかってくれたのは父でした。よく電話で愚痴を言っていたのを思い出します。

1174.jpg

これはわたしが表紙のバッグデザインをしていた関西版の求人誌「salida」
ベネッセのしまじろうのちゃれんじぽけっとの表紙デザインも担当していたことがありました。(画像みつからず・・)

1168.jpg

今回、同時期出版になった父の画集(左)と、詩集(右)。
父らしく、表紙の絵は子供の(わたしの姉と弟)描いた絵を採用しています。
わたしみたいな仕事をしていると、どうやったら売れるかということを考えるのが最優先になってしまうので、表紙は中身がわかりやすいもの、という意味では、この表紙だったら中がわからないんじゃないの・・・と思うところですが、父は「そんな本屋さんでこんな画集や詩集が売れる時代ちゃうしなあ。個展とかで売るからいいねん」とさらりと。
本を作るのが趣味みたいな人なので、自費出版した本は数知れず。

1175.jpg

うちにある父の絵。
わたしが家を出てひとり暮らしをするときにプレゼントしてくれたものです。
実家に帰ればたくさん父の絵があって、「ちょうだい」と言ったら多分「ええよ〜すきなん持っていき〜」と言われそうですが、家族といえども、父の作品。なんとなく気軽には言えません。
が、だんなはんは結構かんたんに「これいいなあ〜ほしいなあ〜」と言って、こないだの帰省時にもらって帰ってきていました。「くれたよ〜やった〜〜〜!」と。いいのかよ。

1176.jpg

だんなはんがもらってきた絵。
こんな感じの絵も描きます。父はいろんなタッチの絵を試してみたいんだそうです。過去にも銅版画をやったりしていたこともあります。銅版画のもなかなかおしゃれでした。

そんな父の半生は、アトリエナルセの公式フェイスブックでもだんなはんが更新していました。なかなか面白く、好評だったのでだんなはんのブログ「日記、猫か夫か。」でもまた転載しようと思っています。
父の画集は、全国の書店、amazonなどで販売中です。詩集は、直接注文になります。(こちらでもお受けしています)
画集「成瀬政博 表紙の絵」新潮社刊は2800円、詩集「穏やかな一個」ほのほ刊は1200円です。

2016.07.30白浜に海水浴

1159.jpg

夏休みをもらって、平日に和歌山の白浜へ。
1泊して2日とも海でおよぎまくる。

1161.jpg

義妹家族のまゆちゃん一家と一緒に。わたしたちは仕事でも一緒、プライベートでも一緒、ほんとうに仲がいいなあ。と思います。なにより、子供(従兄弟)同士がほんとうに仲良し。

1160.jpg

ハヤオは、顔こそつけられないくせにほとんど海へ。大きめのゴーグルで海の中を必死にのぞいて魚をさがします。
わたしたちも、一緒に海にはいるしかないので(交代でもいいんだけど)ゴーグルつけて岩場で魚をみに潜ります。さかな、結構泳いでいて大きいのもいたり、小さなふぐみたいな魚がいたり、もうわたしたちが大興奮。かになんか大きいのがのっそのっそ歩いているんですね。
子供の頃、母の母(祖母)の実家が島根県美保関で、母の従姉妹の家に毎年夏休みになると遊びにいっていました。1週間くらい滞在して、海にもぐったり、海辺でお弁当食べたり、そんな記憶がむくむく思い出してきて、思わず童心にかえってしまいましたよ。わたし、泳ぐの大好きだったんだわ〜

1165.jpg

義弟は、みんなのお父さんのような安定感。

海もほんとうにきれいで、こんなに海水浴にくる人がたくさんいるのにきれいなのは、海を掃除している人たちがいるからだね。自分たちもよごさないように・・

1166.jpg

いっぱい泳いだあとのかき氷もうまい〜
外でたべるとなんでこんなにおいしいのか〜。
1日目はお弁当持参だったのだけど、2日目は、海の家の焼きそばなんかの軽食。海水浴客がたべているカップヌードルがとてもおいしそうで1つ購入。これがまためちゃくちゃうまい〜だんなはんと取り合いになりましたがな。
あの味は、海や山でしか味わえないんですね〜

1167.jpg

今回、道具はちゃんと用意しました。
水着は、モンベルで上下。帽子とサンダルはノースフェイス。ラッシュガードなるものができてからは海やプールの距離がぐんと縮まりますね。ただ、若い子たちのビキニは眩しいわ〜とちらちらと見てしまいますが。
水着は1着しかもっていなかったので、2日目はちょっと濡れてるのを着るのか〜と思うと2日目は水族館でもいこうかしら。なんて思っていましたが、モンベルの水着は優秀でしたよ。水洗いして浴室で干していただけだけど、もう乾いていてサラサラ。
だんなはんの水着やハヤオのズボン水着(上の半袖はモンベル)は違うメーカーのものだったので、翌日も半乾きでへんな匂いになるわ、気持ちわるいわで、海にはいるまではきもちわるそうでした。

道具は、ポップアップテント(下に敷くシートも忘れずに)に、日傘つきのラウンジチェアー、こちらは庭でも使えそう。最近はほんとうに安くてなんでも買えるのですな。ありがたいけど、なんだかものの価値や値段がおかしくてちょっと不安。
ラウンジチェアーは、1000円ちょっとで買えるのだけど、3000円とかでもいいんじゃないかな。
アウトドアの道具は、どれもデザインがかっこいいね。

1162.jpg

旅館もとてもよかった〜
明治創業の柳屋さんという旅館です。
海まで徒歩5分、食事もおいしいし、宿の人もみんな感じがよかった。
部屋も小さい部屋ながらも、窓からはきれいな海がみえる。

1163.jpg

夕焼けをみながらの片手ビールに、海の幸。ごくらくごくらく〜

1164.jpg

デザートの頃あたりに、花火。毎晩あげているのだそう。
子供もおおはしゃぎ。
こどもたちは、この後ひとり一芸を披露。ハヤオは、ジュウオウジャーならぬ、ハヤオオリジナルの、魚戦隊キリオージャーの歌とダンスを披露。途中ジュウオウジャーの歌のフレーズが入りつつもオリジナルとして歌い踊りあげました。
従姉妹のこはるちゃんは、ちょっと恥ずかしそうに小さな声でプリキュアを歌い、こはるちゃんの弟のまもるくんは、トーマスの歌を一生懸命うたいました。

たのしい旅行は、あっという間におしまい。
残ったのは、優秀なラッシュガードに包まれていなかった手の甲の日焼け。そして日焼け止めクリームを塗っていなかった唇のヒリヒリ。
アトリエナルセのカタログ撮影が終わっていて、よかった・・