who am ?I

PAGE TOP

  • 06
  • 17

けったいなアメリカ人

スキャン3034.jpeg
「けったいなアメリカ人」 NEKO美術館発

ミラー、メイラー会談傍聴記 つづき

 ミラーがメイラーに会うずっと以前に、次のようなことを言っていたのを読んだことがある。
「私はニューヨーク・タイプは嫌いだ。とてもスーパーに洗練されていて、分析的で何でも批評する連中はね。いわゆる文化人は嫌いなんだ。そして、自分もその一人と思われていないように願う。私は知的な人間でありたいとは思うが文化人ではない。作家というものは、誰でもが持っている本能に駆りたてられて書くべきだと思う。我々は誰でも想像力を持っている。歌ったり、ダンスしたり、絵を描いたり、文を書いたりしたいと思うもんなんだ。でも、ほとんどの人がそれを抑えてしまうんだ」

***

そうなんですか
「我々は誰でも想像力を持っている。歌ったり、ダンスしたり、絵を描いたり、文をかいたりしたいと思うもんなんだ」
自分は ミラーさんが言うほど 誰でも そうなるなんて 思ってなかったというのが
今まででしたよ。でもよく考えてみればですよ 子供時代は ゆっくりほっておかれたら
いろんなことを 思い立って やってましたね。うまくつくりたいとはおもいましたが
上手に出来たかは 結果に出会うまでわかりませんでしたね。だから 駆り立てられている間は 経過なんです。自分の思うように出来てなかったら 破り捨てたりしてましたね。それもめんどくさくて そこらへんにほっていませんでしたか?

その本人にとっての よくないものも 大人のわたしからすれば おおしろかったりね。
うぐいすが「ほほほ...け」などとぴーさんが言われたように そんな経過。
カッコーも「かかかか」のとき 聞きましたよ ぴーさん。

なんの話でしたっけ?

そうそうミラーさんは 「駆りたてられて」描いてたんだ。
世界はひろいから そうばかりではないかもしれませんが 
「いいなあ」


わたしのところにおよりくださいな まいど ありがとうございます。
これも 「駆りたて族」のにおいがしますが 孫の紙皿によるウルトラのルがちょっと
ひょいと片足 いちおう変えていますね ルのダンス。
あと「ー」とか読めないな。読めない文字 いっぱい書いてみたいな。



《 2017.06.17 Sat  _  1ぺーじ 》